宇宙とダイヤモンド

ダイヤの重さの表示であるカラットについて

ダイヤモンドは下3桁まで少なくとも計測を行い、重さはカラットと表示されます。ダイヤの鑑定書に表示されるカラットの桁数が多いほど正確というわけではなく、気象条件や周りの温度などによって誤差が表示するため、有効なカラットの数字は下3桁になっています。このようなダイヤモンドの重さを表示するカラットという単位の名前は、分銅として使用されたギリシャ語でキャラテイオンと呼ばれるいなご豆が由来になったとされています。買取の際にはダイヤのカラット数は査定額に影響し、大きくなるほど買取価格は高くなります。これはカラットが大きいダイヤモンドほど産出量は少なくなり、希少性が高くなるためです。鑑定に影響するのはこの他に研磨技術のグレードであるカット、透明度のクラリティ、透明度のカラーがあります。大きさは他のグレードと比べるとダイヤに詳しくない人が見ても違いが分かりやすく、見た目の印象を決める大きな要素となります。

  1. ダイヤの重さの表示であるカラットについて
  2. 本物のダイヤモンドを見分ける方法
  3. ダイヤモンドの値段は常に変化している
  4. ダイヤモンドの4C
  5. 大切なダイヤはダイヤモンド買取比較で一番高値を付けて貰おう
  6. 少しでも高い値段でダイヤモンドを買取しよう
  7. ダイヤモンドリングのデザインについて
  8. ダイヤモンドを正しく保管しよう
  9. ダイヤモンドの丁寧な査定
  10. 時代が変われば人気も変わる
ダイヤモンドを売りたい。そんな時は【福ちゃん】へGO